ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

カテゴリ:プレママ( 6 )

2月2日:予定日まであと約10日

六月に発覚した妊娠も、あっという間にあと10日で
予定日になりました。

お腹は日に日に大きくなり、赤ちゃんも一週間に200グラム位の
ペースでお腹の中で育っているようです。

とりあえず、あと10日程で予定日なのでいろいろ準備など。

a0011451_2114351.jpg
初めて、自分の娘用に買ってみたおもちゃ。

a0011451_21141592.jpg

お洋服と肌着もとりあえず少し、これだけ
いるだろう位には揃えておきました。

a0011451_21142796.jpg

あとは、陣痛の時のリラックス用に、
ipodに好きな曲をたくさんつめて。
他、リラックス用のアロマオイル。


a0011451_21143781.jpg
7月の時の超音波でみた赤ちゃん。
このときは、豆くらいだったのに。

2月になった今では、
既に3キロを超えていて、結構ぽっちゃりめの赤ちゃんに
お腹の中で育ってしまったけど、ここまで育ってくれて
どうもありがとう。

あとは、私ががんばって出すので、赤ちゃんも元気で
出てきてください。
[PR]
by kazyoga | 2006-02-02 21:24 | プレママ

臨月前:こんな事って?

明けましておめでとうございます。

去年は妊娠した事もあり、なかなかブログのUPもできなかった
にも関わらず、遊びに来ていただきまして有難うございました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、先日の日記で、
”来年はどんな年にになるのかな?”

とボソっと独り言を書いたりなどしていましたが、新年早々、早速
ありました。

なんと、2月出産予定で、ずっと妊娠期間の長い間
男の子だと思っていたにもかかわらず


詳しくはココ
なんと、昨日女の子とわかりました。。。

横浜の産婦人科で、12月末に”赤ちゃん、女の子だねー”と先生に言われて、

”でも男の子って、5ヶ月の時に言われたんですよ”と私がびっくりしながら
聞くと、

”え、でもこれってたぶん、女の子ですよ。京都に里帰りした
時、もう一度そちらの産婦人科の先生に、診てもらってくださいね”

といわれたのでした。

で、早速昨日行ってきたら、先生の見間違えで、なんと女の子でした。。
どうやらへその緒を男の子のおしるしと見間違えていたらしく、
これって良くあることらしいです。。

以前のエントリーで、皆さんに男の子でした!!と大々的に
報告してかなーりお恥ずかしい次第です。。

周りの人達に、よく
”このおなかの張り具合は、まさしく男の子!!”
とか言われていたりしたのに、こればっかりはなかなかわからない
こともあるのだなあと笑 

というわけで、こんな事もあるのだなあーと思ったので、
とりあえず、新年早々書いてみました。

こんな感じで、新年が明けたので、どうなることやら、と先が
思いやられますが、2月の出産に向けて、楽しい妊娠生活
を送ろうと思います。

なんだか最近は、妊娠ネタが多いのですが、いろいろアドバイスなど
を先輩ママさんから頂いたり感謝しています。本当に有難うございます。

なんだかこんなネタで始まってしまいましたが、
皆さんにとって今年も良い年でありますように、お祈りしております。
[PR]
by kazyoga | 2006-01-06 23:05 | プレママ

あっという間に妊娠9ヶ月

なんだかあっという間に妊娠9ヶ月になってしまいました。

この前更新した時を見たら、10月末で凄くびっくり。

なんだか、7ヶ月中旬位になってから結構今まで平気で楽しんでいた
園芸とかが、急激に益々きつくなり(園芸って結構体力つかうものなので)
8ヶ月位はフルタイムでの出勤が、かなりだるく、かつ眠くなったりで、
なんとか一週間前に、9ヶ月に入って、やっと産休をとって今つかの間の
休息を楽しんでいる感じです。

それまでの間は、結構妊婦のしんどさをなめていたみたいで、
仕事&日々の家事で一杯一杯で、何もそれ以外はする気が
なく、ブログも自分のブログにも関わらず全然見ていませんでした。


なんていっても、ここ最近2ヶ月の体の変化には驚くばかり。
もう、女性の体というより、哺乳類の体、たとえていうので
あれば、カバっぽい体にどんどんなって行くのにかなり戸惑い
ました。

とにかく、

1:胸が大きくなった
2:胸は大きくなったけど、なんだか胸じゃなくて、乳出し機の
ような全然色っぽくない色と形
(これは妊婦の方ならわかってもらえるような、しかも8ヶ月位から
ぎゅっとにぎると乳っぽい分泌物がでた!これはかなりショックでした)
→かなり直接的ですけど、私のブログ男の人見ている方ほとんど
いらっしゃらないみたいなので大丈夫ですよね。。
3:急激に巨大化するお腹
4:しかもそのお腹にはギャランドゥ並の産毛が生えた
5:パンパンになる足のむくみ
6:かつ、足のむくみが結構あって、足の幅が今までより
かなり広くなってしまったので、今までの靴・出勤時に履いてた
ヒールの靴が全部履けなくなった。
ヒールよ、さようならー、といった感じ

というわけで、お腹が重いので、歩き方もなんとなくドタドタという感じで、

”お相撲さんはいままでなんであんなみっともない歩き方をするのだろう”

と思っていたのですが、今となっては、”わかる!!”と同士にもにた
共感を覚えまくりです。

でも、6月に妊娠が発覚した時、まだ小さな穴っぽいのが子宮の
中にあるのを、産婦人科の先生に超音波を見せてもらって知り、
それが、小さな胎芽と呼ばれる、本当に小さな芽のような形になり、
それが、又心臓となってドクドクいうのが聞こえたりして、、。

それが9ヶ月となったいまでは完全な人間の形になって、
しかも私のお腹から出て行きやすいように、
頭をしっかり下に向けて出て行く準備を始めているのを、
超音波の写真でみて、これって凄く神秘的で凄いことだなあと
改めて感じています。

ただ、前の日記に、”まだお母さんになれない”と言って号泣した
のを書いたりしましたが、その時の不安はまだあります。

なんてったって、子供はあまり好きではないし、5キロのお米も
運ぶのが重くて嫌で、ずっと宅配に頼っていたりしますし。。

この前、10年来の友達で1年前に出産をした友達の所に
遊びにいったのですが、その時に、かよわかったその子が、
15キロの子供を抱えて、凄い坂道を平気そうにスタスタ登って
行くのを見たり、
あとお洒落だったその子が、昔着ていた可愛いTシャツを、胸の
所だけ○く切って
”これ授乳用に便利やねんー”
とか言ってニコニコしているのを見ると

私もこうなれるのだろうか、、、、。と思ったりします。

でもきっと、自分を犠牲にしてもいいって思えるようになるのかなあ
とも思ったり。


その辺の母親になる心理の変化というのも、
自分なりにこれから見ていければと思います。

どうやら、人によると出産すると、そういう価値観とかがものすごく
変わるものらしいので、私も変わるのかなあと。

なんだか凄く久しぶりにながながと書いてしまいましたが、
一応自分の記録として少しつけておきたい気もしたので、
ながながと、長文失礼いたしました。

というわけで、園芸は少しお休みになりそうな感じです。
園芸食べ物日記というタイトルで、日々の園芸日記を
つけていたのですが、園芸は少しお休みになりそうな
感じになってしまいそうです。

いつか落ち着いたら、園芸も又始めれる時期が来ると思います。
そんな感じで申し訳ないのですが、どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by kazyoga | 2005-12-28 21:36 | プレママ

妊娠6ヶ月半のメモ


現在妊娠6ヶ月半。

6月に妊娠発覚してからあっという間に、もう早いもので
6ヶ月半になってしまいました。

信じられない。。なんと毎日早いのかなあ。びっくりびっくり。

胎動も、2週間くらい前から感じだして、時々
”うにうに”とか”ごにょごにょ”という感じで、お腹が
くすぐったーい、っという感じで時々笑ってしまいます。

性別は、男の子。一ヶ月前に京都の産院でみてもらったら
しっかり男の子のおしるしがついていて、すぐわかって
しまいました。

不思議な話ですが、妊娠がわかってすぐに、なかなか
妊娠はしているものの、胎のうがずっと確認できなくて
お医者さんから、

”まだ安心はしちゃだめですね、子宮外かもしれませんし”

とずっと言われていました。とても不安だったその時に、
不思議と男の子の夢をみて、

”お母さん、僕生きているから大丈夫だよ”

と言っていて。

なんだか不思議だなあと思っていたら、時々夢に男の子が
出てくるようになって、そしたら男の子だったので、なんだか
納得したのでした。 正夢ってあるもので、面白いものです。

そんな感じで、男の子だとわかって、京都で産院も決めれた
ので、今は安産に向けて日々ヨガをしてみたり、頑張ろうと
思っているところです。

周りが無痛分娩が多くて、とても楽だというのを聞いていたので、
無痛分娩にしようと思っていたのですが、不思議と京都は
無痛分娩の病院がまわりに全然なくて、結局自然分娩に
することにしました。

とても親身になってくれる産院の先生から、
自然分娩についていろいろ説明を親切に受けているうちに、
自然分娩に対しての怖さもなくなってきて。

たくさんのお母さんがくぐり抜けている道なので、私も
赤ちゃんが生まれやすい体を頑張って作っていきたいなあ
と思っているところです。

体も、すっかり妊婦さんになって、たまに通勤電車で
席を譲ってもらえるようになりました。

意外だったのが、大体20、30代位の若い男の人が
さっと席を譲ってくれるケースが凄く多いこと。女の人は
ちょっと私が目の前にいると困ったような顔を一瞬して、
寝たふりをしてしまう人が多いです。都会の若い女の
人は、ちょっと疲れている人が多いのかな、と別に
譲って欲しいと思っているわけではないのですが、なんとなく
思いました。

でも、いろいろ、本当につわりで通勤がつらかった時、たくさんの
人に助けてもらって、特に駅員さんがとても親切な方が多く、
都会でも人のありがたみを感じる
事ができたりして、そういうのが垣間見えるだけでも良かったです。

仕事も、12月一杯まで、あとラストスパートでマイペースに働きつつ、
あと4ヶ月の妊婦生活、楽しんでいこうと思います。
[PR]
by kazyoga | 2005-10-13 00:11 | プレママ

妊娠5ヶ月目:戌の日 

a0011451_20303690.jpg


京都に帰省した折に、わら天神に”戌の日”のお参りに行ってきました。

実は、常識がないと笑われそうなのですが、5ヶ月になった時に、
両親から”そろそろ戌の日ね”とか、産婦人科の先生から”戌の日
が近いから”とか言われて、なんの事?と首を傾げてしまったのです。

要は、犬がとても安産な事から、妊娠5ヶ月目の”戌の日”にお参り
をして、腹帯をするという日という事らしいのです。
詳しくは
コチラ


で、早速わら天神に戌の日に行って来て、セットに入っていたもの。
ご祈祷済産衣、腹帯など。
真ん中に赤文字で”安産祈願”と書いてあるのが、腹帯。
で、これをして、した後にみんなで安産を祈って、お菓子を
食べないといけないらしいのですが、どうもこの腹帯を
巻くのは、”根性!”とか”気合!”っぽくて気恥ずかしい感じ。

a0011451_20305011.jpg


代わりに、セットに入っていたガーゼのなんにも書いていない腹帯を
巻きました。(写真左:パッケージに入っていた紙がちょっと可愛い感じ)
ちなみに、写真右は産衣の袖部分なのですが、これもなんだか
可愛くて、写真に収めておきました。赤ちゃんが始めてきる
産衣です。これは、着せて、大人になるまで保管しておくそうです。

a0011451_20314876.jpg


一応、腹帯を巻いて、この上写真のお菓子を家族で食べ、”よかったね”とお祝いの言葉を
もらって、拍手してもらって無事に戌の日を終えたのでした。

それにしても、子供がいる友達が、以前に子供がいると、年中行事が
いろいろ増えるよーと言っていましたが、既に妊娠中から始まっている
感じです。でも、こういう年中行事も結構楽しくて好きかもしれません。
きちんと、戌の日に腹帯というのも意味があって、このくらいから腹帯
をつけないと、おなかが冷える、とか、腰痛を抑える、とか昔からの
知恵があるらしいですし。

でも、うちの名古屋に嫁いだ義理の姉は、家紋入りの腹帯をつけさせ
られて、それは嫌だったそうです。。私もそれは嫌かも。。
[PR]
by kazyoga | 2005-09-25 20:48 | プレママ

お久しぶりです・妊娠のご報告


7月の頭に、更新してからというもの、あっという間に8月も
終わりになってしまいました。

実は、妊娠が発覚してからというもの、毎日
眠たくて眠たくてたまらない時期が来、それと同時に
比較的軽いものだったようですが、つわりも来たりして
毎日、起きる-会社に行く-帰ってきてすぐ10時位には寝る
という日々が続いていました。

早いもので、もうあと少しで、5ヶ月目に入り、予定では
来年の2月の頭には母になる予定です。

妊娠がわかったのは、6月の頭。なんだかいつもとは違う
体の熱さに気がついて、これは?と思ったらやはり妊娠でした。

実は子供がとても苦手で、絶対私には子供は育てられない、むしろ
こんなだらしない私に育てられる子供の方がかわいそう、
と26才で結婚したにもかかわらず、
ずっと子育ての事は考えて来ませんでした。

半年前くらいから、なんとなく気持ちが不思議と変化してきて、
赤ちゃんが来てもいいかな、と思い出し、
それからまじめに基礎体温をつけだしました。

それにもかかわらず、妊娠の事がわかった時には、
かなりパニック状態になり、

”大好きな海外旅行もいけなくなる、仕事も今
楽しいなと思えているのに”

という考えがぐるぐる頭をまわって、
挙句の果てには、まだ私、お母さんになれない、、と思って
家で一人号泣する始末。。私、もう33ですよ。情けなすぎです。

でもそんな気持ちは最初だけで、日々、”赤ちゃん生きてる
のかな、どうかお腹の中で元気に生きていてね”
という思いが日増しに強くなっていくの気持ちもあったり。

つわりも、通勤電車に酔ったり、料理の匂いがだめだったりで、
つらかったといえばつらかったですが
赤ちゃんが、生きている証といわれているので
つわりがない日は反対に心配になったり。
つわりが終わる段階で、今度は胎動が来て
赤ちゃんがお腹の中で動いて生きている事を
教えてくれる時期ももうすぐしたら来るそうなので、
人間の体って本当にうまく出来ているなあ、と日々感じています。

きっと、こういうのは又お腹が大きくなっていくうちに日々
感じていったり、又子育てを始めたりしたら実感するんだろうなあ
と思うとそれも又楽しみです。

反対に、胸がどんどん大きくなって、胸→乳という感じになり
お腹周りの毛がやたら濃くなっているのを見て、
女からメスっぽくなっているなあと、微妙な淋しさもありますが。。

でも、今は、とにかく”どんな子に育って欲しいか”、というよりも
無事に元気で、健康に生まれて欲しいという気持ちで一杯です。

前の記事に、”諸事情で休む”と、微妙な言葉回しを使ってしまって
たくさんの方にご心配頂き、本当にすみませんでした。ちょっと
微妙な時期で、どう書いてよいかわからなかったので、、。でも
お気遣い、いろいろ頂いて本当に嬉しかったです。有難うございました。

園芸・料理の方は、本当に全然なにもしていない、ダメダメ状態が
ずっと続いています。

妊娠発覚後、友達がさくらももこが妊娠した時の本を教えてくれて、
その中に

”妊娠前に、我が子の様に可愛がっていたベランダの植物を
妊娠初期になにもやる気がせず、全部枯らしてしまった”というくだりが
あって、まさか自分には、そんな事は絶対ないだろう、とたかを
くくっていたのですが、自分も思いっきりそれにはまってしまいました。

今までの自分からすると、考えられないのですが、とにかくホルモンの
バランスが崩れたりするのもあるみたいです。

つわりが収まったので、昨日ふと見ると、庭はボーボー、散々な状態
だったので、やっと重い腰を上げて草むしりをしました。

生き残っていた野菜など。


a0011451_1001876.jpg


にがうり。支柱もたてず、ぐるぐると適当にその辺の近くの木にくるくると
巻いておいたら、バナナみたいに垂れ下がっていました。

a0011451_9493039.jpg


イタリアのトマト。水遣りかなりさぼっていたのですが、やっぱりトマトは
乾燥に強いです。

a0011451_9502693.jpg


オレガノの花。

きゅうりはすぐ大きくなるのですが、目を離してばっかりいたので、
今年はこんな巨大きゅうりをたくさん作ってしまいました。
巨大きゅうり、あんまり美味しくないので、来年はちゃんと食べ頃に
摘んであげないと。反省。
a0011451_9514719.jpg



料理も、家人には申し訳なかったのですが、かなりさぼっていました。
今は、さっぱりした和食がとても美味しく感じるので、
昔、おばあちゃんが作っていたような普通のご飯が美味く作れる
母になる事を目指して、そろそろ頑張りたいなあと思います。

パンも2ヶ月くらい作らなかったな。そろそろ作ろう。

とりあえず、園芸も、ご飯作りも、ぼちぼち、無理せず
ゆっくりといけたらなあと思います。

というわけで、凄く久しぶりに書いたので、長文失礼いたしました。
更新等、かなりスローペースになってしまうかもしれませんが、どうぞ
これからもお付き合いの方、宜しくお願い致します。
[PR]
by kazyoga | 2005-08-28 10:07 | プレママ