ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

8月23日:一人夜ご飯と京都の千鳥酢

昨日、朝5時半に起床して、中川の朝市に
又行って来ました。

いつも凄い休日は寝坊家の私が、パキっと
朝市のために起きることができます。不思議と。

農家の方から直接買った、
採れたての新鮮野菜をたっぷりと使えるなんて、
本当に贅沢、贅沢。と一人満足しながらのご飯でした。
a0011451_22282636.jpg


1:玄米と黒米ご飯
2:茄子、おかひじき、茗荷のお味噌汁
3:朝市で買った、おばあちゃんのぬかづけ
4:昨日の残り、台湾風味肉香菜かけ
5:オクラをゆでたのに塩ふっただけのもの
6:モロヘイヤのおひたし

お野菜がとても新鮮なので、味付けは極々シンプルでも
十分美味しいと思えました。

あと、最近お醤油とか、お味噌などの調味料の大事さを
感じます。
そんなに料理上手ではないので、やっぱり調味料は
贅沢していいものを買った方が、美味しくできる気がします。
a0011451_2226810.jpg
と、思っていたら昨日来た友達からのおみやげが
こんなに美味しそうな京都の千鳥酢でした。
知り合いの料理家の方の、お勧めだそうです。


ちょっと聞いた話なのですが、最近の主婦雑誌で、
読者の方からのリクエストが多いのが、
節約に次いで、市販の
めんつゆ、煮物の素、ゴーヤチャンプルーの素など、
そういう”素系”を使った、いわば混ぜたり、入れるだけ
の料理だそうです。

理由は、”美味しくできるから”だそうで。そういえば、
最近のスーパーの売り場のほとんどは、出来合いの
ものや、インスタント、そういう調味の素、がかなりの
スペースを占めているなあ、と思いました。

出汁とか、美味しい調味料って、和食にはとても大事だなあ、
と最近思い始めたので、味付けを市販のものに簡単に頼って
しまって、代々受け継がれてきた、それぞれの家庭の
味がなくなりつつあるのは、ちょっと残念な気がしたりしました。
[PR]
by kazyoga | 2004-08-23 22:29 | 和食
<< 8月23日:部屋にお花 なんかこれはやってるみたいですね >>