ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

園芸本:パリのテラス

a0011451_225625.jpg
今日ちょっと、仕事中にいろんな方のガーデニングサイトをネットで
を覗いていたら、本格的なのが多くて、我が家の庭も、もっと
パーゴラとかおいたりした方がいいのだろうか、と悩み悩み帰宅。
(仕事中にネットなんて、すごいおまぬけ社員です。
すみません<社長)

そう思ってポストを空けてみると、

リンクにも貼らせていただいている吉祥寺ブニャンシカ
さんから、教えて頂いた
この本
をアマゾンで頼んでいたのが、
ポストに配達されていました。

大体ガーデニングというと、イギリス式で、ちゃんと計算
して、ってというものが多く、私もとても憧れなのですが、
自分ではなかなかうまくいかない事がままあったりします。

でも、この本のパリのクリエーター達が展開している
小さな”パリのテラス”は本当に自由で、個性的で、また
イギリスのガーデニングとは違ったよさがあります。

ペンキの塗料がはげてたり、ブリキにさびがついてたり。
でもそれがまたいい味になっていたりして。

アマゾンのレビューでも書いている人がいましたが、
昔ジャックタチ、とかエリックロメールがすきだった人には
おすすめの本です。
[PR]
by kazyoga | 2004-06-30 22:55 | 園芸その他
<< 7月2日:庭の訪問者 6月29日:にがうりの赤ちゃん >>