ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

5月16日ランチ:まぐろ漬茶づけ

a0011451_185540.jpg
今日の夜遅く、家人がアメリカ出張から帰ってきます。
昨日のメールで、”づけが食べたい、づけが”と書いて
ありました。

どうも、外国に行くと恋しくなる味らしいです。我が家で、
”づけ”というとこのことをさします。
むかし、サライという雑誌にどこかの郷土料理で紹介されていて
すっかり我が家の味になりました。

つくり方は、

まぐろのお刺身(安いので十分)を酒、しょうゆを1:1の割合で
5時間程つけておいたものに、もみのり、三つ葉、紫蘇、
小口ねぎを乗せて、ごまをぱらぱらとかけます。
それに、わさびを好みにのせて、おしょうゆをちょっと
たらし、最後に熱々の緑茶をかけます。

あとは、がーっとかき込んで食べるだけ。お茶をごはんに
かける時、ふわーっと湯気が立つので、それを見ると
”おー、日本はいいねえ”としみじみします。

まぐろは、安いので十分で、もしあまってしまった場合は
みりんも追加でおしょうゆと同じ割合で入れて漬けこみ、
焼いておくと美味しいです。
[PR]
by kazyoga | 2004-05-16 17:51 | 和食
<< お料理用ミニハーブブーケ 日陰の植物2:ブラックベリー >>