ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

虫の被害続出

最近、ちょっとバタバタしていたり、天気が悪かったりで、
全然庭の面倒を見ていませんでした。

今日、久しぶりに庭の様子を見るとかなり
虫にやられていました。

ジャム用に育てていたルバーブ。かなり
食い荒らされています。
a0011451_01899.jpg

a0011451_012915.jpg
食い荒らされながらも、葉の根元をみると、
なんとか新しい葉っぱの赤ちゃんが、
出来ていました。

ほっとしてみると、明らかに喰いさしのあと。
この喰いさしを見ると、どうやら虫の好みに合わなかった
ようです。


いろいろ種まきも4月位にしていたのですが、
かなり芽も虫の被害が大きく、生き残りが
少なかったので、ちょっとがっかり。

やっぱり芽の状態って、まだ植物そのものの力が
きちんと出来ていないのか、病害虫に弱い気がします。
人間の赤ちゃんが、沢山病気にかかるのと似ているみたいで。

無農薬だとなかなか難しいですね。

でも、こんな救世主も。
この白いのは、虫除けのトンネルです。
以前実験にトンネルを一箇所だけ、かけてみました。

a0011451_015233.jpg

白いトンネルの下。わさわさと、小さい芽でも元気に育っています。

a0011451_04212.jpg


トンネルをかけなかった、コールラビ。同じ時期に
種を蒔いたのに、かなり弱い感じで、虫にも食べられています。
a0011451_021046.jpg


今日、大きな虫除けのトンネルをつけて、もう一回
種まきを遅ればせながらやりなおしました。

でも、がっかりしながらも、こぼれ種があちこち
いろんなところから出てきていました。

なんかよくわからない芽。なにになるか楽しみです。
a0011451_025179.jpg


大きな芽。かぼちゃっぽいです。
a0011451_031095.jpg


かぼちゃの種なんて、植えた覚えもないのに。
冬、よくかぼちゃを食べていて、生ごみを土に埋めたのが
出てきたのかもしれません。

種は小さくて、虫にやられたりもしながらも、こうやって
自分が出てくる季節・時期をしっかり知っているので、
この季節になると、いつも毎年どんなこぼれ種が
庭の隅から出てくるのかが、楽しみだったりします。
[PR]
by kazyoga | 2005-06-05 00:20 | 庭のお野菜たち
<< 牛乳・砂糖・しょうがだけの牛乳プリン 仙台のいたがきのロールケーキ >>