ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

京都:有次の包丁

a0011451_22451880.gif


以前から、ちゃんとした”いい包丁”を買いたいと思っていた
ので、実家へ帰った折に、錦市場へよって、ずっと憧れだった
有次
の包丁を買ってきました。

創業1560年。有次のホームページによると、

”人の職人が1日に作り出す庖丁の数は、多くても十数本。
決して効率的ではありません。
しかし、人間が「気」を入れてつくった道具は、使いやすく長持ちします。”

だそうです。

沢山の包丁の中から、お店の方が
どれが私にあっているか、丁寧に聞いていただけた
だけでもありがたいと思っていたのに、
私の名前を買った包丁に、職人さんが彫ってくれたのにも感激。
これは、お店のサービスで、どのお客様にも行って
いるそうです。

私の名前を彫ってもらっている間に、
長持ちする包丁のきちんとした扱い方・
使い方を、お店の方から、
親切に教えてもらうことも出来ました。

よく切れる包丁は、本当に料理していて
気持ちがいいです。

料理が終わったあと、有次のお店の方に教わったように、きちんと
磨いて、ふきんで”きゅっきゅっ”とふいてしまうと、気持ちも
しゃんとする感じ。自分の名前の入った包丁を見て、しばし
にやにやと台所でしてしまう日々です。ちょっと怖いですが、、。

今年の私の目標は、

物を増やさず、すっきりと、シンプルに。
なるべく、お家をきちんと
きれいにして暮らすことです。

まずは包丁をきれいに手入れして、時にはきちんと包丁を
研いだりすることから、今年の目標を頑張りたいと思います。


できるかな、、。
[PR]
by kazyoga | 2005-01-06 23:09 | 食べ物その他
<< かぼちゃとあんこのパン 京都のお正月 >>