ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

9月16日:さんまのなめろうと中骨汁


えっと、今まで余りにも魚料理を作らなかったので、
今、なぜか私の中で、魚がマイブームです。
(いつもこのブームはころころ変わります)

そして、さんま。

本当に今の季節、シーズンこれからですが
美味しそう。脂もしっかりのって。

でも、

私魚をお刺身にする為に
下ろした事がないのです。


やっぱり、魚をおろせず刺身をつくれない、
これは、日本女子として
恥ずべきことかも、と思って挑戦したのでした。




でも、、、。

叔母さんから頂いた、めちゃくちゃ切れる京都の包丁
を準備したにもかからわらず、猫の食い差しみたい
な状態に。 これはUP不能です。

なので、とりあえずたたいて、なめろうにしてみました。


とりあえず、猫の食い差し状態からは
まぬがれ一安心。
ここまで、たった2匹しかおろしてないのに、
30分もかかってしまった、、。ふう。

a0011451_21282482.jpg



そして、中骨で、魚柄先生オススメのお吸い物を
作りました。
a0011451_21284394.jpg


これは、昆布でだしをとったものに、お醤油と、
お酒をいれて、軽く沸騰してきたら、一気に中骨を
いれて、火を切って、蓋をし2、3分おいたもの。
紫蘇と葱をぱっとちらします。

これは、上品な味で満足。

お醤油を変えたのもあるからかな。

最近、お醤油を三ツ星醤油に変えてみました。

これは、いろんなところでその評判を聞くので、
買ってみたら、やっぱりこのお醤油、美味しくて
いつもの料理が今までより上手に感じる気が。
a0011451_21291491.jpg


調味料贅沢は、プチ贅沢で楽しくて好きです。

しかし、うまくお魚を下ろせるまでにいは、修行が必要かも、、。
改めて、板前さんを尊敬してしまうのでした。
[PR]
by kazyoga | 2004-09-16 21:30 | 和食
<< 9月16日:ほっこり姫かぼちゃの花 9月15日:一人夜和食ご飯 >>