ブログトップ

園芸食べ物日記

kazyoga.exblog.jp

9月15日:一人夜和食ご飯


昨日、魚柄先生の本が、面白かった
という話をして、

その後、今日又通勤電車の中で読んでいました。
a0011451_2149151.jpg
魚柄先生としては、

”野菜はたっぷり、乾物類もたっぷり、豆類も
魚介類もたっぷり”

要は、昔の日本のご飯のようなご飯を、簡単に
楽にしてしまいませんか?

という様なことを書いてらっしゃるような気がします。


それでもって、すぐ試したくなる性分なもので
早速先生のレシピを元に、今日色々作ってみました。




作ったもの。

1:さつまいもの炊き込みご飯。
a0011451_21494641.jpg

これは、炊くときに、1センチ大のサツマイモを
切って、炊飯器にぽん、と入れるだけ。

私は、玄米が好きなので、圧力鍋で又炊きました。

ごまと、塩をふって。

沢山炊いたので、おにぎりにして明日の朝食にでも。

2:たっぷりの野菜をいれた味噌汁

先生としては、とりあえず味噌汁には沢山のお野菜
をいれましょうということで。減塩にもつながるそうです。

3:かぼちゃと豆腐そぼろの煮物
a0011451_21542110.jpg
豆腐は、フライパンでみりんと醤油で炒めると、
そぼろになるという事で、かぼちゃのそぼろに応用
してみました。

これは、ちょっと使い方を間違えたかも、、。
やっぱり鶏肉そぼろにすべきだったかなあ。



4:わかめの梅だれあえ
a0011451_21512385.jpg

梅だれ(梅をつぶしたものを、みりんで
あわせたもの)が美味しいと書いてらっ
しゃったので、わかめと和えてみました。

彩りが足りなかったので、
茗荷梅酢漬けを刻んだものを上にのせて。

ランチを沢山食べたので、夜はこのくらいで軽めに。
30代になって、急に食の好みが変わってしまいました。
昔は、血がしたたるようなステーキをがっつり食べるのが
大好きだったのに。
[PR]
by kazyoga | 2004-09-15 21:55 | 和食
<< 9月16日:さんまのなめろうと中骨汁 9月14日:いんげんの花 >>